レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。

 

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。

 

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。





定年退職 記念品
URL:http://kanreki-oiwai-land.com/retirement/
定年退職 記念品のことなら


レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:17-7-17

ダイエットをして体重を落としたとしても、
体のエネルギー代謝が悪いままだと、
また以前と同じ体型に戻ってしまうということも…

エネルギー代謝を高める方法の一つに、
体を温める働きを持つ食材を
積極的に食べるという方法があります。

食材には、
体を冷やす食材と体を温める食材があります。

例えば…
冬に豚汁を飲むと体が温まりますよね。
温かいものを食べたということもありますが、
北の方で取れる食材や、冬に取れる食材は
体を温める働きのあるものが多いんです。

北の方は寒いので、
体が温まるものを取り入れるということは
自然な成り行きです。

反対に、夏の暑い時期や南国では、
暑い体を冷やすために、
冷たい食べ物を多く食べるということになりますので、
食材もそうしたものが多いのです。

まとめてみると…
・北の方や寒い季節に取れるものには体を温める食材が多い
・南の方や暑い季節に取れるものには体を冷やす食材が多い
…ということになります。

次に見た目ですが、
見た目が温かそうなものが体を温める傾向があり、
冷たそうな色に見えるものは体を冷やす傾向があります。

白砂糖や大根、白菜、なしのように白い食材は
体を冷やすものが多いですが、
にんじんやかぼちゃのように温かい色は、体を温めることが多いです。

こうした見分け方はあくまでも一例ですので、
全ての食材に当てはまるとは限りません。
にんにくは夏にできて色も白いですが、体を温める食材ですし、
にんじんやカボチャは夏にできますが、体を温めますよ。